スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねえ?partyにおいでよ。 

今年もやって参りました。
秋の恒例イベント。芋煮会。
待ってなくてもやって参りましたね。
こうして1日1日の動きを感じられるのは幸せなことですよね。

日時:2009年11月1日(日)  9:30~16:00 (雨天中止)
集合場所:阪急京都線水無瀬駅 改札
参加費:1,500円 (お子ちゃまは500円)

大自然の厳しい環境のなか育ってきたサトイモやらサツマイモやら、
その他いろんな野菜を収穫し、ご一緒に食しませんか?
きっとおいしいだけでなく、自然を目の当たりにするだけで
「現代人のワスレモノ」をも収穫できることと思われます。

参加して頂ける方は、当日9時30分までに集合よろしくお願いします。
現地の畑まで車送迎させて頂きます。
もちろん車で来られても構いません。駐車場あります。

服装は動きやすいのが良さそうです。
間違ってもヒールなど不安定なのはやめてくださいね(笑)
足ボキっていきますよ。

…天気予報によると
 1日だけ雨になってるんだよなあ…
お願いします。晴れてくだされ!

よろしくどす~

スポンサーサイト

専門バカ 

先日の日曜、いつもお世話になっている「あったかファミリー運動」での
新しいレッスンを受講し、あまりの凄さに衝撃を受けました。

何が凄いかって?レッスン内容はもちろんのこと、そのレベルの高さです。
何のレッスンかって?説明は難しいようで、実際はいたってシンプルです。

「人は他者との関わりによってこそ成長する」
これは私にとって事あるごとに感じさせられることです。
しかし言うは易し…
その関わりをどう捉えていて、どんな関わり方をしているのか
といった大切な中身から目を逸らしてしまうとすれば、
それは結局面倒くさいと無意識的に思ってるからではないでしょうか。
これは人間の1つの特性だと思います。

そのレッスンで行われたのは「ロールプレイ」です。
状況設定は何でもいいのです。
問われているのは、それが生身のコミュニケーションと呼べるかどうか。

今回私はオブザーバーだったのですが、思うことは、
「うわべの言葉は相手に残らない。感情のこもった言葉は相手を反応させる」
「後者の言葉を紡ぐことは、相手のイメージがどれだけできてるかに依拠してる」
「相手をイメージすることは、相手への関心度に依拠してる」
といったところです。

「専門バカ」っていうのは、その時ある方に仰って頂いたお言葉です。
そうなんです。私は良くも悪くも仕事中毒的なところがありまして、
その意味で「専門バカ」なんです。
再三言われてきたことですが、ようやく腑に落とすことができました。
日常におけるコミュニケーションなくして、何ができる?ってな話ですよね。

実際、相手への関心を持ってる方って疑問形をよく使われないでしょうか。
オブザーブしていてすぐに気づいた点です。
イメージできてるからこそ、“相手にたずねる”ことができ、
言葉として相手の印象に残る訳です。
これを体現されていた園長先生(笑)とは思わず抱き合ってしまいました。
さすが多くのチビッ子をまとめる仕事をされてる方です!!
でも意気投合できたことは素直に嬉しかったです。

自分も頑張るぞ!

天使に出逢えて 

その日もPM6時過ぎを迎え、事前に予約してくれていたお店へgo!
かの有名な「ロックアップ」でお食事を一緒にしました。
皆さま、ロックアップご存知ですか?

飲み屋なんだけど、お巡りさん姿の店員に手錠かけられ
席までへ連行されてしまいました。
粋な演出に興奮度アップ。
成りきってる姿も見物。
席と言っても、牢屋みたいな個室。

メニューの名前も非常におもしろい。
メニュー見てるだけで1時間はもちますね。おそらく。
だって「酩酊○○会見」とかありましたからね…
あまり突っ込んだことは言えないですが、果たして商品として提供許されるのかな?

何だかんだ言って飲みましたけどね。
案の定、酩酊状態に陥りました。
それまで「無期懲役」とか「人体実験」とか、奇異なネーミングではあるものの、
比較的おいしいドリンクとは明らかに違いました。
アルコール度数高いよ、酩酊会見。
それ飲んだのを機に呂律まわりにくくなった実感満載ですからね。

天使からのサプライズはそれからまもなくのことでした。
何とケ、ケ、ケーキ…バ、バ、バースディケーキを用意してくれてたのです。
しかもお化けが持ってきてくれたのです。
「受け取ってあげてください」とお姉さんに言われたので、毒入りでないことを信じて
恐る恐る手を差し伸べました。
そしたら、な、なんと。プレートには私の名前が描かれてるではないですか!

天使にお尋ねしたところ、「電話でね」と。
やさしい根回しに涙もろい私も、さすがに泣けてしまいました。
ん?ん~ん?おかしな日本語ですね。
まっ。そこは察してくだされ(笑)

素敵な1日はずっと心のなかで息づいていくことでしょう。
改めて「ありがとう」を送ります。
ありがとう。
そしてこれからもよろしくね。

天使が読んでくれることを信じて、このメッセージを送ります。

最高の目覚めでしたね 

2つ目のプレゼントは目覚まし時計です。
シックなデザインで使い勝手も最高。

天使からそれを頂いて、初めて朝を迎えたのが今日でした。
起こされた時の気分、よかったです。
嬉しいプレゼントです。
「今日も1日頑張るぞ」って気になりましたからね。ほんとに。

今もカチカチと時を刻んでおります。
時計をこんなに凝視したことありませんでしたが、
時間の大切さを感じさせてくれますね。

時間に無駄などない。無駄にしてしまう人はいるかもしれないけど。
瞬間瞬間の美しさを感じ続けられる人でありたい。
そう、それこそ“毎日をスペシャルに”過ごしてる天使のように。
ん?そうそう、竹内まりやさんのベストアルバム買ってしまいました。
やみつきになること覚悟に。
というかすでに一心同体になってしまってます。

これも天使の影響を存分に受けてのことだと思ってます。
私はどれだけ天使の影響を受けているのでしょうかね(笑)

天使からの贈り物 

先日、いつも仲良くしてもらってる友達が誕生日を祝ってくれました。
○○年前の1週間ほど前に私は産声をあげたそうです。

ちょっと早めに待ち合わせしてお茶して、ぶらぶらウィンドウショッピングしたり。
あっ。でも買いましたね。あまりに素敵なカバンを見つけてしまいまして。
ほとんど衝動買いとかしないし、むしろ買い物は計画的にするタイプ…と言いながら
やけに嘘ついてる感じがする(笑)

ちょっと話飛びますけどね。
最近おしゃれに凝り始めましてね。
靴もかわいいやつ買ったし、ハンチング帽とか、
無難にまとめてた今までとは変わってる。
だから服屋さんはもちろん、いろんな雑貨屋にも引き込まれるかのごとくですわ。
でもいろんな面でのおしゃれに覚醒し始めて嬉しいんです。

その子に言われちゃいました。
「おじさんファッションはこれからまだまだできるやん」
「いましか楽しめないファッションを楽しんだほうがいいよ」ってね。
大体、年齢見当ついたでしょ(笑)そうそうそのくらいです。
これ1つ目のプレゼントですわ。

あっ。先に言っておきますね。めっちゃたくさんプレゼントもらいました。
記事1回では書き切られへんなあ~
まっ。いっか。1つずつ入念に。
何よりその子への「ありがとう」の気持ちでいっぱいだから。

Footprint 

前に広がってるのは壮大な道でさ
別に歩くのも禁じられてなんかない
なのに1歩足を踏み入れるのに
抵抗してるのはなんでなのかな

道の向かう先が楽しくないから
悩んだふりして立ちすくんで
何もできない演技だけは冴えててさ
挫折を待ち望む本性がぼやけてる

道の向こうからの
嬉しいお知らせを動かず想定
そんなこと考えて
悔しいお知らせは横道にポイ捨て
汚れた心の少年は
今日も1人張り切ってる

神様はどんなふうに見てるのかな
何年もかかって後ろ振り返ったら
「孤立の道」って看板に書いてたんだ
どれだけ人を傷つけ犠牲にしてきたんだろう

ただ醜い足跡がむなしく残ってる
定規で描いたような直線じゃない
相対してる足跡だって散乱してる
蛇行具合いも著しくて
1つ1つの解説はできそうにない

だけどその領域に救われた気がして
それが刻んできた道だと思えたら
自然と涙が零れ落ちてきたんだ
その涙がこれからを激しく突き動かす

ちょっとカチンときた坊主 

いや…ちょっとじゃないですね。
演劇という空間において有り得ないことが起きたのだ。

演技中に話しかけられた。
有り得ない。リズム乱れる乱れる。
まあ当然のことながら、時間削って観に来てくださってる方がいるなか、
無礼なことはできないので何とかやり切りはしたけど。

まあ人のせいにしても意味はないので、あえてこう考えてみました。
「外的環境を整えるだけの吸着力」が自分にないだけだということ。
演じる自己を意識しながら演じる自分だけでなく、
観客からどう映ってるか想像しながら演じる自分もまた、
演技精度の指標になるということですわ。

単に演劇が上手になりたい訳ではありませぬ。
演劇はあくまでも1つツール。
対人コミュニケーションを躍動させ、充実させるための…
素敵な人生を送るための…
いたってシンプルですよね。
step by stepで頑張るだけです。
頑張ることが何より好きな性格でよかった。

ちょっと笑える坊主 

10月入りましたね。
去年も言ってたかもしれないけど…早い。
去年の今頃どんなんだったかとか結構鮮やかに覚えてますもん…早い。

いよいよです。
演劇です。
あっ。鑑賞ではないですよ。あっ。裏方でもないですよ。
紛れもなく出演です。
今年は圧倒的に鑑賞をたしなむほうが多かったですけど、
貴重な1日にしたいです。

今回は、公民館フェスティバルの1グループ(あったかファミリーホーム劇北摂)
として参加させて頂く形なので、大々的な公演ではなく、
寸劇と言ったほうがイメージ沸きやすいですね?
用意されてる時間は20分ほど。

テーマはズバリ「健康寿命」です。
ここで注意されたいのは、平均寿命とそれは全く別物ということです。
簡単に言えば、いかにして健康で長生きできるかですね。
仕事がら、認知症患者や寝たきり患者と接すること多いですが、
最近特に増加傾向にあることを実感しています。
高齢化社会ってやつですね。

今回の劇を通して、
少しでも多くの人が「人のためにできることは?」と模索するきっかけに…
それが難しくても「自分にできることは何か?」と考えるきっかけになれば、
出演者として何よりです。

ちなみに私はその健康寿命の大切さを訴える住職になりますよ。
私の出番はAM11時くらいからになりそうです。
明日、仕事帰りに勇気を出して床屋の門を叩きたいと思います(笑)

城内フェスタ2009 会いたくなったら公民館
日時:10月4日(日) AM9:30~PM15:30
場所:高槻市立城内公民館(阪急高槻市駅下車 徒歩約8分)
入場料:無料

興味持たれた方、ご都合つくようでしたらぜひともお越しくださいませ。
あったかファミリーホーム劇をよろしくお願い申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。