スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AWAKE 

右側振り向いたら
押されて倒されるか
倒されまいと踏ん張るか
ちっちゃな土俵で競り合ってる人間

左側よそ見したら
関係ないぞとばかりに
さりげなく離れてく人間
関与なんてまっぴらだって顔してる

接触してんのにすり抜け合う人間関係
頑張る科学者も解明できない異常現象

後方から聞こえてくるのは
みんなの嘆きと主張
前方見ても何も変わってなくて
ざわめきが強まってるだけ

主張撒き散らすのもいいけど
それだけで満足してませんか
持論風任せするのもいいけど
その行く末見通してますか

そんな疑問投げかけられたとして
言葉に詰まって困惑するくらいなら
やめてくれませんか

あなたはあなたであってあなたでない
そのことをまずはしっかり胸に刻みませんか

スポンサーサイト

mouth to mouth 

泣きながらの誕生を
快く迎え入れてくれたのが
過ぎ去ったことのように
人の姿は変わってく

勝ちたい人はその口で
人をいとも簡単に騙したり
人をいとも簡単に傷つけたり
大切なもの無視できてしまって
自分に負けている

人を励ましたり 
人を喜ばせたり
人を明るくさせる
そのための言葉を紡ぐ口
本当はそのための口じゃないのかな

大切なことは今では「そんなこと」
大切なことが今では「仕方ないね」
わが身になるまで僕たちは
そのままにしておくつもりなんだろう
 
もういい加減やめにしよう
人を傷つけることは
さあそろそろ振りまこう
人にやさしさを

もう見て見ぬ振りはやめて
やさしい言葉を捧げよう

手 

無防備なまま生まれてくるけど
少しずつ形が変わってく手
それは生き様を現してる証

なぜか傷だらけの手
その傷はどうしてできたのか
目にするのは初めてじゃない
なのに僕たちはいつまで
同情して泣いて済ますんだろうか

人に手があるのはどうしてだろう
人を痛めつけるため
人を悲しませるため
手が不幸の道具にされてること
僕たちは知ってるはずだろう

人に手があるのはどうしてだろう
人を抱きしめるため
人を笑顔にするため
手が幸福をもたらすことを
僕たちは本当は知っている

もうやめよう
その手を相手に向けるのは
さあ始めよう
その手を相手に差し伸べよう

ろくでもない理屈はもうやめよう
何も考えないで抱きしめ合おう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。