スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年ご挨拶 

新年明けましておめでとうございます。
昨年いろいろと大変お世話になりました。
今年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

と言っても、すでに今年も10日が過ぎましたね(笑)
2011年も残すところ、355日です。
卑屈な表現はこれくらいでやめます。

今年のテーマを紹介し、年頭のご挨拶と代えさせて頂きます。
「地道にシンプルライフ」
欲を張らず、黙々淡々と今年を彩って参りたいと思います。


けんのすけ 拝

スポンサーサイト

昨日の話なんですけどね。
今回は異業種ではなく、同業種交流会←これ友達にゆーたら「それ合コンってゆーんだよ、お前」
って言われてしまいましたけどね。行って来たんですね。同業種交流会に(笑)

みんな程よく酔いに浸っていい気分で、二次会に向かう時ですわ。
事件が起きたのは。事件ってほどでもないですけどね。
店員さん<20歳未満?の方がいらっしゃるようですが、年齢確認お願いします>と。
“年齢確認実施中”っていう看板とかは見たことあるけど、実施されたのは初めてですわ。

あっ僕じゃないっすよ。
年齢構成は、20歳代前半~30歳代だったんですけどね。
そのうちの2人だったかな思いっきりご指名されたんですわ。
「え゛~っ私~っ」って、めっちゃ響くわけですよ。
店員さん<はい。そちら様も>と。至って冷静。
というか「正気か」って思いましたね。

「どう見ても18にはみえへんやろ」と突っ込みたくなりましたけど、
「まあ仕事としてやってるんやからしゃーないか」と静観してましたよ。

問題はその後ですよ。
店員さん<はい。ありがとうございました><はい。ありがとうございました>
「おっおい、それだけかい」と、ツルツルの床にスッテンコロリンしそうになりましたよ。
吉本新喜劇もびっくりするくらいのコケ様。
「なんで~」っていうその子の気持ち伝わらんかったんかな。

仕事とはいえ、相手にしてるのはお客さんですよ。
何か配慮ある言葉1つでも添える必要あるんじゃないのかなと思いましたよ。
<失礼しました>ってね。
言葉じゃなくても、表情でも振舞い方でもいいんじゃないですかね。
表情→無表情。振舞い方→無愛想+事務的。
チャンチャン。。。

まあいい歳こいた大人が暴れる事ほどみっともない事はないので、何も言いませんでした。
むしろ犠牲にあったその子のフォロー、みんなでしましたよ。
本人にその気がなくても、その当事者にしたら傷つくことってあったりするんですよね。
気をつけたいことですよね

ただちょっとだけ笑い起こすことで澱んだ空気浄化させて頂きました。
「店員さん。僕はどうしましょ?」
<あっ結構です>
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

そんなこんなでお酒をみんなで美味しく飲めたのでよかったです

know⇔not know 

「分かっている」と思っているときこそ、「分かっていないことは何か」に目を向けよう!

分かってない状態にあることに、気づける訳だから。

「分かっていない」と思っているときこそ、「分かっていることは何か」に目を向けよう!

分かっている状態にあることに、気づける訳だから。

myself 

一番分かってないことって自分自身だったりするのかもね。

だって鏡ないと見えないじゃん。

人という名の鏡ないと分からないじゃん。

人は自分を映してるのかもね。

包まれること 

先日参った薬師寺。
ご住職?のお話の中で、
経営の神様と称された松下幸之助さんと、そのご住職の師匠とのあるエピソードを
聞かせて頂くことができました。

<この日本はこれからどうなっていくのでしょうか?>と松下さんがその方に尋ねられた
そうで、それに対して「物の豊かさが進む一方で、心の豊かさは腐敗していく」と独自の見解を
述べられたそうです。
かれこれ何十年も昔のやり取りです。

そして今。確かにそのようになっている。
何かあるとすぐ怒る人、すぐ人を責める人、文句ばかり言う人、心に余裕がない人etc数知れずの
日本になっていることは、毎日のように取り沙汰される残念なニュースが象徴しているのではない
でしょうか。

そのお話を聞かせて頂いた時、改めてお人さまとの建設的な人間関係の重要性が身にしみました。
お互いがお互いを支え支えられ、高め高めあえる関係。
そのためには、やはりまずは「自分」が今目の前にいるお相手様に寄り添うこと。
それを通して関係性を深めていくこと。

ではそのためには?
「自分」に余裕をもつこと。それは、お人様に「包まれること」でしか実現しないでしょう。

あなたの思いを聴かせてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。